ハヤブサを撮ろう2015年06月20日 20:00

 きのう偵察したところへ、今日は大筒をもって出かけた。9時過ぎに着いた。現場には複数台の車が路上駐車。ナンバーを見ると、岐阜、奈良、大阪、尾張小牧、京都もあったけど・・。
 いちばん端っこにカメラを設置。しばらくすると親鳥が帰ってきた。幼鳥が親を追いかけて餌をもらおうとしているけど、どこで給餌されたかは分からなかった。親鳥がいなくなると、幼鳥はそれぞれ違う場所で待機。たまたま3羽が同じ木に泊まった。
幼鳥3羽
 この後、親鳥が餌を持って帰って来た。エサに群がる幼鳥。真ん中が親鳥。
給餌
 飛び立つ親鳥。
飛び立つ親鳥
 幼鳥は餌を持って、茂みに・・。茂みで餌を食べる。
食事中
 カラスが餌を狙ってやってくる。エサを持って飛び立つ幼鳥。左の黒いのがカラス。
飛び立つ幼鳥
 カラスと幼鳥とのバトルがあって、幼鳥が餌を落としてしまう。バトルの写真は撮れなかった。落としたエサはカラスが拾って持って行ってしまう。ホント、カラスってろくでもないやつ。
 で、上の写真をさらにトリミングすると、エサの足が写っていて、脚環がしてある。なんの鳥だろう?結構大きい。
エサの脚環

 昼過ぎに手じまい。そのあと、伏見の鴨川の下流にサギ類を撮りにいった。またの機会に紹介ということで、今日は終わり。


アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター