投票のち写ん歩2021年10月31日 18:46

 朝一番、投票に行った。雨がパラパラと降っていた。投票場に着くと受付で葉書を持っていない老人と受付の人がやり取りをしていた。受付の人は葉書が必要・・・・とか、本人確認が・・・とか言っていた。老人は90歳前後くらいだろうか・・・、「選挙ってこんなに難しいもんなんか・・・」って、その年まで選挙に行ったことないんか・・、思わず心の中で突っ込んだ。

 家に帰ってしばらくすると晴れてきたので写ん歩に出かけた。いつもの遊歩道で花でも撮ろうと思ったけど・・・・。
いつもの遊歩道
花が何もなかった。自生していたキバナコスモスも引き抜いてあった。花の栽培をやめる旨の小さな看板が立ててあった。今後は国土交通省がどうの・・みたいなことが書いてあった。港の方の花壇にはヒャクニチソウが咲いていたのでそれを撮った。
α7r4+トリオプラン100mm


α7r4+シグマart50mmf1.4

写ん歩を止めて帰ろうと歩いていると投票はがきを持った老人がいた。80歳前後だろうか・・・。
追い抜こうと近づくと声をかけられた。「これから投票に行こうと思うけど、誰に入れたらええんや」って・・・。えっ、返答に困った。本気で答えると時間がかかりそうで面倒くさいので、「ポスターを見て目についた人に入れたらどうですか」といった。というより今までどうしていたんだ、それともあんたも初めての投票か・・・・。
その老人は言った。
「そうか目についた人に入れるんか・・・」

今日は「初めての投票」老人を二人も見た。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター