知床半島 "2022/06/25"2022年06月26日 04:44

 知床半島での予定は、クマゲラ、ギンザンマシコ、熊の湯、天の川・・。
5時台に峠に向かう。峠道から見たウトロ、今日は晴れそう・・。
5;50、峠に到着、羅臼岳
すでに何人ものカメラマンがギンザンマシコの出待ち・・・。なかなか出ないので風景を撮って暇つぶし。
羅臼側に雲海

沖に国後島が見える。
10:13羅臼岳山頂の雲が晴れた。
11:00になってもギンザンマシコは出ず。熊の湯に行くことにした。
熊の湯、看板に由来が書いてある。そのまま熊が出たから熊の湯。
この川の右岸にある。
この川を渡ると・・。

更衣室
男湯は完全露店、森の中にある。
湯は熱い、45度くらいある。
さすがに女湯は仕切られている。
羅臼港に出て、近くのコンビニで腹ごしらえをした。
羅臼港
13;00に峠に戻るとカメラマンが減っていた。まだ出ていないようす。
13:34 出そうもないのでみんなとは違う場所を探していると・・、いた。
ひとりで撮ってもよかったけど・・、反対側にいた人達にも大きな声で教えてあげた。なんていい人・・・(*^_^*)
200-600で撮ったノートリ画像
少し遠いのでロクヨンを取に車に戻った。
ロクヨンで撮ったトリミング画像
ギンザンマシコ

この後はカメラを風景用に替えてウロウロ・・・。3時半ころ夕立があってほとんどの鳥屋さんはいなくなった。
今日は天の川が見れそうなので粘る・・・。
6時ころの羅臼岳
この時間帯にギンザンマシコが2回、ウソが1回出た。カメラが風景用だったので見ただけ・・・。地元のカメラマンに色々話を聞いた。こんなに出ない日はめずらしいとか・・・。クマゲラの営は放棄してもうないらしい。
ウトロ側の夕景も見れる。
撮っていると蝦夷鹿が出てきた。10メートルくらいの距離。
どんどん近づいている。
お前は奈良出身か・・・。まだまだ来るのでこちらがあとすざり。
こちらを気にせず通り過ぎた。
鹿が通り過ぎた後の夕景。
後は星待ち。日の入りが遅い7時半になっても明るい。8時を過ぎても天の川は見えず、8時半ころからようやく見えだした。
9:03
山の谷間の明るい光は羅臼の街、海の明かりは国後のあかり。

就寝は10時半でした。

コメント

_ 浪花岩雄 ― 2022年06月26日 05:50

一面の星?の数すごいですね。
国後あまり人もいないみたいやけど夜は明るくみえるのですね。

_ (未記入) ― 2022年06月26日 17:47

国後の明かりは肉眼ではあまり明るくないのですが、写真にとるとこうなります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
赤穂浪士が討ち入りの時に使った合言葉。
ヤマといったら返事は・・・?
答えはカタカナでカワです。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://photoc7.asablo.jp/blog/2022/06/26/9503371/tb

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター