EOS R7 被写界深度合成 "20022/07/09"2022年07月09日 20:06

 7/6に手術して3日が経過、過去に同様の手術を何度もしていて、翌日から水などは口から摂取していた。今回は主治医が変わって(国立なので転勤がある)術後の対応が違う。傷口を保護するために口からは水も禁止、天敵と鼻からのチューブでの栄養補給になっている。点滴は外れたけど、鼻からのチューブは月曜に外れる。
 術創部の痛みもあまりないのでちょっと用心深すぎると思うけど仕方がない。体は元気なので暇を持て余す。コロナの影響で面会も禁止なので本当にヒマ・・・・。カメラを持ってきているけど撮影禁止の張り紙があちこちにあるので出来ない。
 とりあえずEOS R7の被写界深度合成で遊んでみた。
普通に撮った一枚
被写界深度合成した写真、設定幅はピントの幅が10段階、撮影枚数は2~100枚。この写真はピント幅を3、撮影枚数20枚で撮影した。
手持ち撮影で撮った。これはマクロ撮影で被写界深度が欲しいときに役に立ちそう・・・・。

 カメラいじりくらいしかすることがない・・・・。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
赤穂浪士が討ち入りの時に使った合言葉。
ヤマといったら返事は・・・?
答えはカタカナでカワです。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://photoc7.asablo.jp/blog/2022/07/09/9507553/tb

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター