EOS R7試写 被写界深度合成・花 ”2022/07/15”2022年07月15日 10:33

 この間からEOS R7の被写界深度合成をしているけど、今日は花でお試し・・・。
 同じ花を5回ほど試写した。花が揺れると合成が途中で中断される。最後まで合成が実行されても2重になっている部分があったりする。被写体が静止いていないとこの機能を使うのは難しい。
 静止していればピント幅:ステップ1、枚数10の設定でOKだと思う。
花が揺れて合成が途中で中断した写真、ボケが大きくなると中断する。

最後まで合成が完了しても被写体が動いていると2重になったりしている。
この写真は2重どころではない。
この写真はマシだけど・・・、
一番マシだった写真
でもよく見ると花弁の先端がやや2重。
野外で無風の時はまずないので現実的には花撮影でこの機能を使うのは無理かも・・・・。

入院生活も今日で終了、明日退院となった。ただ切除した患部の病理検査で新たな癌が見つかって8月に再入院となった。

なにか根本的な願発症抑止を考えないとキリがない。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
赤穂浪士が討ち入りの時に使った合言葉。
ヤマといったら返事は・・・?
答えはカタカナでカワです。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://photoc7.asablo.jp/blog/2022/07/15/9509157/tb

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター