ハシビロガモ飛び出し "2024/02/24"2024年02月24日

 どこに行くかあちこちの天気予報を検索、今月はガソリンの使用量が予算オーバーなのでバイクで行ける範囲で検索。場所によっては10時、11時ころに小さな傘マークの出ているところもあり、雨が降っても非難のできる池に行くことにした。
 オオタカの飛翔が主な目的だったけど若が一瞬飛んだだけだった。しかも後ろ向き・・・。
 オオタカ若の飛翔、後ろ向き。
ミコアイサもオシドリも数が少なくなった。確認したのはどちらも1羽だけだった。
オシドリ、ノートリ画像。レンズはFE200-600に1.4テレコンを装着。     840mm、APS-Cクロップで1260mm相当
かなり遠い。
ほぼピクセル等倍でトリミング
ミコアイサも遠かった。
ノートリ画像
トリミング画像
3時まで粘ったけどオオタカの飛翔は若の数秒の飛翔だけだった。

オオタカ待ちの間、ハシビロガモを撮って暇をつぶした。
ハシビロガモの飛び出し。













使用機材はα1+FE200-600+1.4x


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
赤穂浪士が討ち入りの時に使った合言葉。
ヤマといったら返事は・・・?
答えはカタカナでカワです。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://photoc7.asablo.jp/blog/2024/02/24/9662166/tb

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター