EOSR7 AF検証 "2022/09/06"2022年09月06日 18:40

 R7が修理から帰って来てから野鳥の止まりものはよく撮っているけど、飛翔シーンはあまり撮っていない。
今日は午前中は天気がもちそうなので鴨川沿いの遊歩道を自転車で走った。くいな橋辺りの堰にサギ類がよくいるので飛んでくるのを待った。
ダイサギやコサギがよく飛んでくれた。
ダイサギの飛翔 機材はEOSR7+EF300f4+1.4x
1コマ目
2コマ目
2コマ目トリミング画像
以降トリミング画像 3コマ目
4コマ目から怪しい
5コマ目ピンボケ
6コマ目以降同じ
いろいろ連写したけどだいたいこんな感じ、たまに10コマくらいピントが合うけど続かない。メカシャッターで撮っていたけど、電子シャッターではどうかとやってみると連写中に2回フリーズした。
トラッキングOFFでも撮ってみたけどAFの追尾枠が出ないので目視でピントが来ているのかどうか分からない。分からないまま連写していると連写すべてがピンボケ、途中でピントが戻ったりしなかった。

ネットなんかの評判を見ているとR3ゆずりのAFとか、R5より優れているとか目にするけど、少なくとも私の持っているこのR7は鳥の飛翔撮影では使い物にならない。

まだロクヨン(EF600f4)では使っていないので、ロクヨンで試してみてだめならこのカメラは花専用になってしまう。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター